DUOクレンジングバームの安全性は?無付与なのか引っかかる

DUOクレンジングバームの形態HPを見ると、下記のような添加物は使用していないと書かれています。

 

石油系界面活性剤
鉱物油
合併アロマオイル
合併色付けチャージ
アルコール
石油系油脂
旧登場限度成分

 

正しく、肌に悪そうなムードの添加物くさいですが、DUOクレンジングバームは界面活性剤や添加物を極めてつかっていないという訳ではありません。

 

DUOクレンジングバームの成分

 

DUOクレンジングバームの成分はこんな感じです。

 

パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、炭酸ジカプリリル、トリイソステアリン酸PEG?20グリセリル、ポリエチレン、トリイソステアリン酸PEG?5グリセリル、トコフェロール、ノバラ油、アンマロク実り中核、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、グルコシルセラミド、加水分裂コラーゲン、加水分裂ヒアルロン酸、デキストリン、ミルク酸細菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ミルク酸細菌/ブドウ果汁発酵液、ノイバラ実り中核、プルーン分裂商品、クリサンテルムインジクムエキス、サクラ葉中核、トルメンチラ根中核、豆乳発酵液、メマツヨイグサ種子中核、ウンシュウミカン果皮中核、タチジャコウソウエキス、オウゴンエキス、キハダ樹皮中核、ビルベリー葉中核、オウレン根中核、カミツレ花中核、クチナシ中核、セイヨウオトギリソウエキス、トウキンセンカ花中核、フユボダイジュ花中核、ヤグルマギク花中核、ローマカミツレ花中核、水、BG、PEG?7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、フェノキシエタノール

 

ご存知かも知れませんが、こういった成分前面は一番多く含まれている小物から先にかかれています。ですので、一番最初にかかれてある「パルミチン酸エチルヘキシル」がDUOクレンジングバームに一番多く含まれている成分と考えられます。

 

こういう「パルミチン酸エチルヘキシル」は、ヤシ油などの植物油脂に手広くある高額脂肪酸のパルチミン酸と、2-エチルヘキシルアルコールの調合商品だそうです。肌を柔らかくし、低粘都度な結果溶剤として使用すると化粧品の肌へのなじみやすべりが良くなります。化粧品には油性基剤やエモリエント剤として使用されています。

 

2番めの「トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル」は、長くて酷い呼び名ですが、これも脂肪酸とグリセリンから成るトリグリセライドと言われるもので、幅広く化粧品や軟膏にも使用される。小物のクォリティーを安定させる、酸化し難い油脂だ。ヤシなどからもらえる油を改良したものだそうです。

 

しっかり、天然のヤシ油などの調合商品がメインに使われているようで、堅実しました。